日本国内旅行

2017年8月15日 (火)

電車間違えて降り立った場所は

羽田空港から姉の家に向かう途中、乗り換えのため降りた駅は何と浅草でした!
京都で沢山の外国人を見て、でも伊丹空港にはほとんどおらず、また、浅草で沢山の外国人‼️
荷物があったので寄り道はしなかったけど、



スカイツリーが見えたので、写真を一枚。
ムサシにちなんで634m何ですよね?
でも、私には左上に写っている看板が気になる〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

自分の歌の点数は? by Karaoke

カラオケは10年ぶりかな?
いや、もっとかな?
選曲は本を見てするという時代ではないんですね?
まずは、今井美樹さんの大好きなナンバー、「空に近い週末」があったので、声鳴らし。
マイクスタンドありのお部屋は点数も出るし、ちょっと不安でしたが、リクエストもあり、歌手MISAを入力してみました。
するとMISAと入れただけで何人かで出てきて、
(MISAの後に.(ドット)が付くアーティストもいました。)
とりあえずどれかわからないけど、一番上から開くと
…ありましたありました。
🎶イチニチ、So So、BANZAIなど、リミックスを含めた欄が‼️
自分の歌を評価されて、一位になれなかったら、どうしましょう!
100点じゃなかったら?
で、手始めに



🎵『イチニチ』入れてみました。
最初、87点くらいからから始まり、汗💦
最終的に91点しか取れなかった‼️
リミックスでテンポが早かったからかなと、言い訳を探し、
じゃあ、🎶『So So オリジナルバージョン』ということに😱
🎵『イチニチ』よりは点数が高かったものの、100点には遠かった〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

王国だったナポリは絵画も充実。

私が好きなカラバッジョの作品が2点。

特に悲壮感溢れる時代のものが好きです。


どちらもローマで酔った勢いで人を殺めてしまった後の絵なので、非常にメランコリックなのですが、彼の作品の中で特に魅かれるのがこの時期の作品です。
他にもCapo di monte 国立美術館には


Botticelliやたまたまこの時期だけ見ることが出来たフェルメールの作品もありました。


でも一番嬉しかったのは、私がミラノのブレラ美術館で、Piero della Francescaの作品の説明をするとき、必ず話をする



この絵を実際に見ることが出来たことです❣️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

食べ残しはないかしら?

日本滞在も終盤に入ると、食べ残しはないか、もう一度食べておかないと、当分食べられないとか色々考えます。
歯医者の帰り、近くにある虎ノ門ヒルズに行き物色していると一際、良い匂いをさせているところが!
やはり最後は贅沢にと、



こちらにしました!
ご飯はお代わり自由らしいです。
サラダ、ビーフのコンソメスープも付いて、このゼリー状になった泡醤油と一緒にお肉は頂きます。



この泡醤油を見て、
「アッ!テレビで紹介してたところだ!」
って気づいた次第です。
ハイボールが300円だと言うので、それも付けて最高でした!
また、歯医者の帰りに寄りたいと思います。
熟成但馬牛、いつになるか分からないけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

無くなる前に行かなきゃと思って…

母は私が帰国する度に必ず築地に行って新鮮な魚を買ってきてくれます。
彼女の買う量は半端ないので、場内で買うのですが、
豊洲に移転する前に一度は行ってみたいと思い築地市場へ行ってきました。


外国人が本当に多く、パッと見ても西洋人が三人、奥には東洋人。


マグロのカマとか他に良い出汁が出そうな魚が捨てられていて


もったいない感じ…


夏じゃなければ、買って帰りたいものがいっぱい!


わさびも売っていたのでこれは買って帰りました。
市場を出て、もちろん食べに行きましたよ。


極み丼


三度に分けて食べ分けるというひつまぶし風海鮮丼。


最高級、大トロ丼です。


外に出たら面白いソフトクリームが売っていたので、もちろん私は日本酒味を選択。

麹が効いていて美味しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

実家に着いたら鍵がかかっていて、その結果…

羽田空港に到着して今から向かうとお嫁ちゃんにLINEをして、家に着いたら鍵がかかっています。wobbly
彼女も母もそんなお茶目なジョークはしないので、何事かと、慌てて鍵を開けて入るとまたLINEが!
とりあえず読んでみると彼女から、先に待ってますと、近所の居酒屋から!
とりあえずスーツケースを置いてすぐそこへ向かうと、みんないるではありませんか!
兄の仕事が早く終わったので、居酒屋に行こうということになったらしいです。
近所に以前からあったらしいのですが、毎日のように歩いていたのに、全然気が付かなかった〜
それだけじゃなく、超新鮮でレベルが高いのです。


私達が到着するまでと刺し盛りを待っていてくれた兄はすでにハイテンション。


このウニとか、車海老とか大トロとかとっても甘くて美味しいのです。
こんな歓迎は初めてで感動しましたよ❣️
他に蟹味噌とか色々あったんですが、すっかり写真を撮るの忘れてしまいましたcoldsweats01

ご馳走さまでしたbottle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

旅の一番の楽しみなんで!

淡路島から明石に抜ける前に生タコを探したんですが、見つからず、もう一つ食べたいものがあったので、生しらす丼にしました。


この生好きの私にはこの生卵もたまりません😋
奈良では公園で履いていたサンダルが壊れ、東大寺前のお土産屋さんでビーチサンダルを買いました。
さすがに外国人が多いからか、私の足に合う大きいサイズがあって良かったのですが、履き慣れないからか、指の間が痛くなり、東大寺参観後、近くのお店へ。


中途半端な時間だったので、軽食と


デザートをいただきました。
14時過ぎだったのに、列が出来ていて、半数近く外国人観光客でした。
京都では、二条城の帰りに京懐石のお店へ。






二条城は10年ぶりでしたが改めて観るとやはり素晴らしかったです。


良いもの観た後のお食事は格別ですね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

皆さんの歓迎に感動 by 淡路島

淡路島2日目は朝から温泉に浸かり、こちらの朝食で始まりました。


朝食には旅館からのこんな心遣いが!
食材が淡路島のどこから来ているか、誰が作っているかとかの写真付きです。
地元でみんなが一丸となって美味しいものを提供していますよ!って感じで、し自信があるから顔写真なんだなとも思います。


私の仕事はサービス業なので、こういうところを見習いたいなと思いました。
ちょっと手間をかけるだけで、人の心って動きますよね〜

さて、気持ち良い朝を向かえて、いざ出発!
早速、お客さんに会いに農家まで。
「ホンマに来たんやなあ」
って感じで、まさか本当にミラノから来るとは思わなかった見たいです。
「今度、淡路島行きますよ。」ってノリで適当に言っただけ見たいなー
淡路牛を育てていると言っていたので、それも見せていただいたんですが、
まずは玉ねぎ。


ここでは母も姉も箱買いで、さすがの大人買い。


いました、いました。種牛たちが〜


ちゃんと資格があって大切に育てられているのでしょう。

畑も見せてもらってオクラには綺麗な花が咲く事も知りました。


その後、JAの直売所に行きミラノ万博以来、1年ぶりの再会に
「良くここまで来てくれたね」と、プリンや玉ねぎとかお土産までいただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

約束通り、やって来ました淡路島!

ミラノ万博で淡路島の方々とお仕事させていただいて、
「来年淡路島で会いましょう。」と別れて早一年。
気がついたら母や姉たちの家族含めて総勢8人となりました。
やっと見つけた温泉旅館。
やっぱり淡路島づくしが良く、何とか見つけた旅館での食事がこちら。




お通し


鯛づくしメニューだったのでまずは刺身。
イカや鱧などもありましたが、
この鯛、刺身で出て来たのに長い事ヒレとか動いていたんですcoldsweats01
プリプリしてました!


玉ねぎは甘くて辛くない。



鯛、ゆで卵、サザエの石焼きに


淡路牛


鯛の他にタコの入った釜めしなど全部写真に載せたらきりがないと言うほどのお料理でした。
温泉に浸かったあとのご馳走とお酒。
あ〜幸せ❣️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

まさかの大塚美術館!

世界の名作のコピーが集まる美術館。
これだけでは大して期待は出来ません。
絵画のコピーはマドリッドのプラド美術館にも沢山ありましたし、「この作品のオリジナルはナポレオンによって持ち去られ、現在ルーブルにあり、こちらはコピーです。」
と何度説明したことか…
そんな中でも、ここにある作品はコピーと一言では片付けられるような代物ではないのです。


これだけを見ると、日本にいながらフェルメールがタイルになって観られるんだという感想。



パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂はせっかく行ったのに見られなかったし、


ミケランジェロの最後の審判や天地創造は現在、短時間しかいられない上に遠くてよく分からない。
ここは2階からも見られるため、
本物を見るより、ゆっくり物語りを辿ることが出来ます。


特に感動したのはポンペイのこれ。
私が行った時はかなり前でこの作品に近づく事が出来たのですが、修復後、ここは暗い部屋で近くにも寄れません。
せっかく綺麗にしたのに中途半端な公開。
更にこんな写真は絶対撮れません!

ただ本物はその作品の裏に政治、歴史など色々な背景があり、さすがにこちらの方が良いとは言いません。
でもこのような形で原寸大の作品を残している大塚製薬には頭が下がります。


最後の晩餐はこの作品の前に


修復前のこちらが飾られています。
現在、晩餐の説明で私が話しているこの2枚を同時に見られるのは、最後の修復で分かった真実をはっきり見ることができるのです❗️
中には多少、本物に比べるとと思うのはありましたが、
ここで見た作品のオリジナルを是非観て見たいなって思った作品もありましたから、遠くまでレンタカーを借りてまで行ってきて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧