働く女性応援メニュー

2017年6月22日 (木)

手軽に美味しいどんぶりは良い!

時間がない。
早く食べたい。
洗いものを少なくしたい。
こんな時はやはりどんぶりですよね?
でもこれだけ暑いと(今日も38度越えらしい)、料理する気まで失せてしまいます。
昨日は夕飯の用意して、
お風呂入って、
汗をまたかきたくないので、
クーラー付けて、
消してから窓全開に氷枕して寝ました!
でも、今日は『菫』でランチ❣️

こちらはサーモンとイクラの北海丼


で、こちらは月見ネギマグロ丼で〜す。
来週からまた忙しくなるので、今からエネルギー補給しておかないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

コンビニがあるわけではないので、こういうの本当に嬉しいです。

毎日本当に忙しく、買い物に行く時間もほとんどない時に、このようなものをいただくと本当に涙が出るほど嬉しい〜

特に今回の万博テーマは世界初の食をテーマにしたものなので、仕事関係も食に関わるものばかりだからだと思うのですが、
Kumamoto
こちらは熊本のHOSHIKO を作っていらっしゃる会社の方にいただきました。
野菜の旨味を干したことで凝縮し、栄養価も上げているというすばらしいもの。
Mango
マンゴーは私が一番好きな果物。宮崎のマンゴーはもう半端なく美味しいです。
二つも頂いて、一つはすぐに冷凍庫。
こちらは周りが黒くなっていたのですぐいただきました。
冷凍庫に入れて少し溶けたぐらいに皮を剥くとシャーベットみたいで美味しいのだとか?
大事に冷凍庫にまだ入っていますが、あまり大事にし過ぎて美味しさが半減するといけないので、今週中に食べようと思います。
Sakuranbo Melone
こちらは両方ともすでに私の胃袋の中ですが、さくらんぼはイタリア人に食べさせたら、驚きの表情。
確かに山形のさくらんぼを超えるものはイタリアにないかも。
Syungiku
こちらは春菊を頂いたので、サバと人参で胡麻和え風にしてみました。
春菊はガッテン流でさっと茹で苦味を抑え食べやすくしています。
Wasabi
こちらはわさび。
3本頂いたうち、1本はお裾分け、1本はすぐにラップをして冷凍庫。
そして今、わさびは1本目がほぼなくなるかというところです。
何しろ下ろし立ては香りも良く、辛いのですが、少し経つと食べやすくなるので、刺身や、そばだけでなく、焼いたお肉や、ごはんなど何にかけても美味しい〜
万能ネギや、しいたけなどいただき本当感謝しています。
冷凍物の赤飯、焼き芋、笹寿司は帰ってきてごはんをつ来る気にもなれず〜の時、
チンするだけで美味しいものにありつける。
イタリアにもあるんですが、ここまで、素材や栄養や、添加物なしで作って、更に美味しいというものがありません。
だから、日本て本当に恵まれた国だと思います。
Omiyage
こちらは、万博のために仕事で来られて、帰国された方が置いていかれたものですが、
残り物ですが・・・って、超貴重で美味しそうなものばかり!
買い物の時間がない私には本当にありがたい。
余ったごはんもおにぎりにして冷凍にしておけるし、皆様本当にありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

今日、日本から荷物が届きました!

3月末にミラノに会いに来てくれた友人から、今朝荷物が届きました!

彼女はお世話になったお礼に何か送りたいと言ってくれてましたが、こんなに遠くまで私に会いに来てくれただけで嬉しいのでと、遠慮したのに・・・
でも、箱を開けてみるとよだれの出そうなものばかり。
Pacco
彼女は北海道に住んでいるので、ホタテやイカの干物、それに健康をしっかり考えている人なので、きっと、良いものを選りすぐっているに違いない!
ミラノに来てもらった時に頼んだドレッシングも(美味しくてとっくに使い切ってしまいましたが)、そろそろなくなっただろうなと見越して送ってくれたんだと思います。
本当に嬉しい贈り物。
この荷物は、私の資格試験合格が分かる前に送ってくれたようで、中に一緒に入っていた手紙には試験について気にかけてくれているメッセージが。
私は彼女から24年前に成田空港で別れた時にもらった手紙を大事に持っているのですが、彼女の字はその時もらったものと同じ字で、なんかすごく懐かしくちょっとウルウルしてしまいました。
これは、彼女からの合格祝いだと思って大事に大事に賞味期限がすぎないように食べたいと思います!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

誕生日プレゼントは美味しいものいっぱい!

一年で一番メールが届く日が誕生日です。

兄姉はもちろんのこと、友人もこの時に再確認するというほど、連絡をくれる人は決まっています。
本当に一生大事にしていきたい友人達です。
でも、ここのところ展示会で忙しく、4日間メールを読む余裕もなく、
誕生日どころでもなかったのですが、
家に帰ったら、テーブルの上に置いてありました。
Img_5865
どう見たって、私の好きなものばかりが入っている模様。
Img_5867
開けてみると、2種類のチーズ、白ワイン、スパークリングワイン、プロセッコ。
下の方にはなんと、
Img_5869
からすみ3種類にスモークサーモン。
それになんと、大好物の蒸しウニにキッコーマン醤油まで!
忙しくて買い物もままならなかったので、冷蔵庫は空っぽ状態だったのに、
こんなに豪華なもので今はとてもリッチな冷蔵庫です!
誕生日ケーキより、こういうものが大好きな私は涙が出るほど感動しました!
とりあえず、当日はチーズとスパークリングワインでお祝いです。
働く女性にとって、こういうプレゼント、かなり嬉しいのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

今年の誕生日プレゼントは色気より食い気のオンパレード

以前にもお伝えしましたが毎年、手作りのケーキを作って誕生日をお祝いしてくれる人がいます。

Img_2359_2
ちゃんとMISAの文字が入っているでしょ?
今年は、このケーキを頂いてから仕事で忙しく家で食べる時間もなかったので、
小分けにしてから、冷凍庫へ。
おかげで食べ終わるまで誕生日から10日以上かかりましたが、毎日美味しく頂く事ができました。
(物知りR様が冷凍庫に入れる事を提案してくれました〜)
こちらは、こんなに私の事を良く知ってくれているんだなと感動したプレゼントです。
Img_2357
この籠の中身が凄いのです。ワイン3本の他にこれが入っていたのですdownwardleft
Img_2378
スモークサーモン、ボラの卵巣やまぐろのからすみ、キャビア、コッパなどなど、私の大好物ばかりdelicious
ワインはすでに消化してしまったので写真はなしですが、こう見ると、酒のつまみになる品々ばかりですよね〜。
買い物する暇がないほどだったので、こういう風に真空パックにされたものは本当にありがたく、また簡単に食べられるんです。
例えば、からすみなんかは茹でたパスタにオリーブオイルをからめ、上から大根おろし機で削った、からすみをかけるだけ。
日持ちもするので非常に便利です。
そして、私から私への誕生日プレゼントは、こちらdownwardleft
Img_2387_2
トースターです。
デザインが可愛くて、このメーカーを扱っているお店に、この商品を取り寄せてもらいました。
家のキッチンには大きなオーブンとオーブンレンジがありますが、トーストとかお餅を焼くとか簡単に出来なかったんです。
電気代は節約できるし、ちょっと焼き目を付けたい料理が手軽にできるようになりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

<働く女性応援メニュー> イタリア風そうめん(簡単ヘルシー編)

久々の働く女性応援メニューです。暑い日sunにはなるべくオーブン料理や火を使った料理はしたくないですよね。そうめんはゆでる時間が短いので助かりますが、つゆにつけて食べるだけでは、何だか淋しいdespair。でもゆで卵やとろろを用意するのもこの暑さで面倒くさいcoldsweats01と思ったときの簡単メニューです。

イタリア風そうめん(2~3人前)

  • そうめん・・・250g
  • めんつゆ・・・適量
  • プチトマト・・・10コぐらい
  • ツナ缶・・・80g
  • バジリコの葉・・・数枚
  1. めんつゆに食べやすい大きさに切ったトマト、バジリコ、ツナ缶を入れ冷蔵庫に冷やしておきます。dangerイタリアにはオリーブオイルに使ったツナ缶が売っているので、その油をある程度きってから入れます。ヘルシーさから考えると、水に浸かったツナの方が良いと思われますが、油が入っていることで、そうめんが変に絡まなくて、食べやすいので、オイルに浸かった方を私はお薦めします。
  2. 茹でたそうめんをよく水洗いしザルにあけ、1のつゆにつけて頂く。

これ、昨年実家に帰ったとき、うちのお嫁ちゃんが作ってくれたんです。その時はサラダ油に浸かったツナと大葉だったんですけど、イタリア風にアレンジということでオリーブオイルに浸かったツナ缶とバジリコで昨日作ってみました。かなり美味しいです。お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

<働く女性応援メニュー> ヘルシー、エコ&手抜き料理 (応用編)

意外とアクセス数が多いこのシリーズ。今日は第3弾です。

忙しい人は時間watchのあるときにまとめて料理したいですよね。でも、いっぱい作りすぎて毎日同じものを食べるのもちょっと飽きちゃう。そんな方にお勧めのメニューです。

ミネストローネと野菜カレー

  1. 食べやすい大きさに切った野菜とそれが浸る量のお水を圧力鍋に入れます。(セロリ、人参、トマト、タマネギ、ズッキーニ、バジリコ、カリフラワー、いんげん、白菜など家にある野菜)dangerただジャガイモは冷解凍するとドロドロになってしまい適してないかも。
  2. 圧力鍋にふたをし強火にかけて、シューッと音がし始めたら、火を弱め、10分後に消す。そのあと直ぐにふたを開けないで、何か違うことをして下さい。その間料理は勝手に進んでいます。(時間もガス代も無駄にならず、野菜のうまみも逃しません)
  3. 食事の前に、ふたを開け食べたい量だけ、別の鍋に移し、塩で味を調える。(ブイオンを入れてしまうと本来の野菜のうまみが消えてしまいますし、化学調味料はなるべく避けます)
  4. スープ皿に入れたら、クルトンと粉チーズをかけて召し上がる。

圧力鍋に残った方には・・・

  1. 市販のカレールーを入れる。
  2. ご飯にかけて召し上がる。

両方とも冷凍可能ですが、私はカレーを多めに作っておいて残りを冷凍にしておき、温めなおすとき、ナンプラー、コリアンダー、粉末のココナッツミルクを入れてタイ風にちょっとアレンジして頂きます。

常備しておくもの

  • 粉末のココナッツミルク
  • ナンプラー
  • コリアンダー・・・洗った後、パセリのように全部細かく刻みます。残ったものは袋に入れて冷凍にしておき、使いたいときにそのまま鍋に入れてください。食べる直前に入れないと香りが消えてしまいますのでご注意。いつも作っている焼きめしの材料に入れて、ナンプラーで味付けするとまた違った感じになりますよ。
  • クルトン・・・なければ仕方ないですけど、代用としてトーストした食パンbreadを細かくしてかけてもらっても構いません。ただその時は少しオリーブオイルをかけていただくと美味しさが増します。
  • 粉チーズ

memoクルトンか粉チーズがどちらかあれば満足していただけると思います。

コリアンダーやナンプラーは臭いが結構きついですから、エスニック好きの方のみお勧め。ちなみにコリアンダーは青空市場でモロッコやインド人などから買っています。

カレーを作ったら、カレーライスか、カレーうどんにして食べていたという方、是非お試し下さいsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

<働く女性応援メニュー> 和風&イタリア料理(ヘルシー&手抜き編)

好評につき?今日も、レシピの紹介です。本日の献立は、先日お伝えしたこんにゃくを使った料理(別に私がここで紹介するほどの料理でもないんですけど、ブログで触れたので一応)と、私が今はまっているソースを使った料理です。時々COOPで売っている30%OFFの帆立scissorsにかけてみました。

こんにゃくとジャコの炒め物

材料

  • こんにゃく・・・1袋
  • ジャコ・・・お好みで
  • 人参・・・1本
  • セロリ(筋をとったもの)・・・1本
  • 塩・・・少々
  • ショウガ(すったもの)・・・小さじ1杯
  • サラダ油・・・大さじ2杯
  • ごま油・・・小さじ1杯
  • お酢・・・大さじ2杯
  • 醤油・・・大さじ3杯
  1. こんにゃくは5ミリくらいの厚さに切って手網にし、熱湯で2~3分ゆで、水気を切っておく。
  2. フライパンにサラダ油を入れ、ショウガ、細かく刻んだ人参とセロリを塩で十分炒める。
  3. 2に1を入れお酢と醤油を入れて炒め、ある程度火が通ったら、ジャコを入れて更に炒める。
  4. 火を止める直前にごま油を入れて軽く混ぜ、お皿に盛る。

Konnyaku

ジャコとこんにゃくだけでも十分美味しいですが、時間のあるときは人参やセロリも一緒に炒めると、彩りも良く、ヘルシー且つ健康のバランスrunに良いですよ。セロリって炒めるとサクサクして、美味しいんですよねhappy01。ゴボウがなかなか手に入らないイタリアでは、私はセロリをゴボウの代わりによく使います。ここでは、セロリの葉の部分も小さく刻んで入れてしまいました。なにげに、お酢がポイントになっているので、お酢が好きな人は味を見ながら多めに入れていただいてもよろしいかと思います。ただ大勢で食べる場合は、色々と好みがありますから、このレシピのままにして、自分だけお好みで味ぽんをかけて頂きますjapanesetea

帆立のアンチョビソースがけ

材料

  • アンチョビ・・・40g
  • ケッパー(塩漬け)・・・1瓶(80g)
  • エクストラバージンオリーブオイル・・・適量
  • 帆立・・・人数分
  1. アンチョビとケッパー(水で十分洗って、しっかり水切りをする)とオリーブオイル大さじ2杯程度をフードプロセッサーにかける。
  2. 180度のオーブンに7分ほど入れて素焼きした帆立に1のソースをかける。

Hotate以上です。簡単でしょう?何しろ今日はヘルシー&手抜き編ですから。

ちなみに、写真右側の帆立は、1欠片のバターと小さじ1杯の醤油を先にかけてオーブンに入れたもの。左側はこのあと、ラー油を垂らして私は食べましたが、オリーブオイルとニンニク1欠片をのせて焼いたものに、このソースをかけても美味しいです。

このソースはかなり味がしっかりしているので、日本酒bottleのつまみにもgood。ご飯のおかずにもなります。(イカの塩辛みたいな辛さです)日持ちするので、私は1回に沢山作っておきます。そのソースを、オリーブオイルか生クリームでのばして、パスタに混ぜると簡単ランチの出来上がり。cute時間のある方は、軽くオリーブオイルでトマトを炒めてソースに混ぜると彩りも良く、栄養価が増しますよ。生クリームを入れると、結構まろやかな感じになりますが入れすぎに注意danger重たくなるので。cuteお客さんが来たときは、カルパッチョ風に刺身を並べ、軽く塩、胡椒。そこにレモンを搾り、オリーブオイルをかけ、刺身の上にちょこっとこのソースをのせます。これはイタリア人にも好評でしたwine。 cuteそして最近、作ってみて、なにげに美味しかったのが、大根サラダに混ぜた時。大根を千切りにして、塩、胡椒、マヨネーズを軽く混ぜて味をなじませておき、そこにこのソースを混ぜるんです。(水sweat02が出てしまうので、食べきれる量にすることねhappy01。とにかくこのソースいろいろと応用が利くので重宝します。

皆さんも試してみて、何かこのソースに合うレシピがあったら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

<働く女性応援メニュー> 和風イタリア料理(エコ&ヘルシー編)

本日はお約束通り、MISA流、和風イタリア料理のレシピをご案内します。今日のメニューは豆腐グラタンと油で揚げないヒラメのフライです。

豆腐グラタン(2人前)

材料

  • 板豆腐・・・一丁
  • ズッキーニ・・・1本
  • なめこ・・・1袋
  • ツナ缶・・・40g
  • サラダ油・・・大さじ1杯
  • 塩・・・少々
  • ニンニク粉末・・・少々(なくても可)
  • 胡椒・・・少々
  • 醤油・・・適量
  • ベシャメルソース・・・具が全体に隠れる量
  • チーズ・・・ベシャメルソースの上に載せるので、粉でもプロセスでも結構です。
  1. 十分に水を切った豆腐を8等分にして耐熱ガラスに敷く。
  2. 油をひいたフライパンで細かく切ったズッキーニとなめこをニンニクの粉末、塩、胡椒で炒め、ある程度火が通ったら醤油を入れる。(ちょっと濃いめの味になるように)
  3. 2にツナ缶を混ぜる。ツナ缶がない場合、細かく切った鶏肉を2と一緒に炒めてもgoodです。
  4. 3を1の上に載せる。(写真参照)
  5. 4の上にベシャメルソースをかけ、チーズをまんべんなく振りかける。(写真参照)
  6. 5を180度のオーブンに入れて約15分焼く。

Img_2902

                                                             Img_2904      

少し食べてから、出来上がりの写真を取り忘れていたことに気がつきましたbearing

失礼いたしましたsweat01

ご家庭のオーブンによって、多少時間が変わると思いますから、焼き色が全体的についてきたら食べ頃です。オーブンがない方は、トースターでも出来ます。どうしても豆腐から水が出てしまうので、耐熱皿にバターはひかなくても大丈夫です。その方がヘルシーだし・・・

油で揚げないヒラメのフライ(1~4人前)

材料

  • ヒラメ・・・1~4枚
  • 塩・・・適量
  • 胡椒・・・少々
  • パン粉・・・適量
  • 日本酒・・・大さじ2杯
  • 小麦粉・・・大さじ2杯
  • 生卵・・・1コ
  • サラダ油・・・大さじ1杯~4杯
  • レモン・・・1コ
  1. ヒラメに塩、胡椒をし、少し置いて味をなじませる。(塩はイタリア風にレモンを搾って食べたい人は少し多め、ソースをかけたい人は少なめに)
  2. 日本酒、小麦粉、生卵を十分に混ぜて、ヒラメ全体にくぐらせる。
  3. 2にパン粉(日本のパン粉のように荒いもの)を付ける。
  4. 耐熱皿にアルミホイルをしいて、ハケで油を塗る。
  5. 4にヒラメを置いて、油を少し付けたらひっくり返す。
  6. 5を180度のオーブンに入れて約15分焼く。

Img_2905

  日本酒を混ぜるとサクサクになるみたいな事を「伊東家の食卓」だったかな?日本に帰ったとき偶然見た番組で言っていたので応用させていただきました。油で揚げないので、ヘルシーで一人暮らしの方にもOKgoodでしょ?それに豆腐グラタンと一緒にオーブンに入れてしまえば、時間も温度も同じなので、一石二鳥。油も電気代も無駄がなく、寒い冬に身体もお部屋も暖まるエコ対策メニューです。

この方法でエビフライやトンカツも出来ます。

どうぞお試しあれ。

bookイタリア在住の方へ

なめこは大型スーパーなら冷凍ですけど、どこでも売っています。解凍してから一緒に炒めてください。なければマッシュルームやポルチーニを使っていただいてもよろしいかと・・・

                                                                         

| | コメント (5) | トラックバック (0)