テレビ

2011年10月25日 (火)

ここ最近見たドラマお気に入りベストテン

久しぶりに何でもランキングです。

最近、JSTVで流れたもの、お友達に借りたものなど、

ここ2,3年ぐらいのものになるのでしょうか?

私を引きつけたドラマトップテンを発表します!

  1. Mother(マザー)
  2. 黄金の豚 - 会計検査庁 特別調査課
  3. カーネーション(現在放映中ドラマ)
  4. ホタルノヒカリ
  5. コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd season
  6. 獣医ドリトル
  7. おひさま
  8. BOSS
  9. 冬のサクラ

1位の「仁」は物語の発想とキャスティングの良さに天晴れです。

日本帰国時にタイマー録画をしてまで、一話一話見落としたくなかった作品でした。

最終回がいつもより長くて最後がほんの少し切れていたのが残念!

「マザー」は何だか子役の女の子の演技が素晴らしく、

犯罪者である松雪さんを応援してしまいたくなるような

今までと違ったドラマだったように思います。

「黄金の豚」が3位になったのは、篠原涼子さんと大泉洋さんのやりとりが面白く、

ドラマを見て久しぶりに笑ったものでした。

是非、機会があれば見てみたいのが、

TBS系で現在放映中らしい「南極大陸」

JSTVで放映されることを期待しているのですが・・・

皆さんは、ここ最近どのドラマにはまりましたか?

ドラマの内容はもちろんですが、

私は結構、俳優さんに影響されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

朝の連続テレビ小説にはまってしまったようです。

母がこちらに来たとき『ゲゲゲの女房』を見ていたので、何となく一緒に見ていました。

そのため、次回から『てっぱん』という番組が始まることは分かっていたものの、まさかこんなにはまってしまうとは思っておりませんでした。

見てみようと思ったきっかけは、安田成美さんが出演していると知ったからです。

相変わらずお変わりなくお綺麗で、久しぶりに見る彼女の演技に、昔見ていたドラマなどを思い出しました。(君がいるだけでとか・・・)

このドラマの魅力は何なのかと色々考えてみましたが、全て良いですね。

まず葉加瀬太郎さんのバイオリン。

中村玉緒さんのナレーション。

役者さんは誰一人はずれがおらず、主役の女の子もとっても良いです。

おばあちゃん役の富司純子さんがあのような役もおできになるとは驚きました。

こんなに素晴らしい女優さんなんだと改めて思わせていただきました。

さてドラマは3週目まで放送されましたが、

私は既にハラハラさせられました。sweat01

ドキドキしました。heart01

もらい泣きもしました。crying

今まで、テレビ小説にここまで心を動かされたのは初めてなのです。

忙しく毎日見ることは出来ませんが、JSTVでは日曜日に1週間分まとめて放送してくれるので有り難いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

祝。「あいのり」復活

X'masxmasに私の大好きな番組『あいのり』が復活するそうですhappy01

月2回の隔週らしいですが60分に拡大!

MCがいなくなってしまうのはちょっと淋しい気持ちもしますが、人気のあった番組の復活なのでやっぱり嬉しいですね。

日本に住む現代の若者?というと何か古い人間になった感じがしますが、生身の姿が見られる唯一の番組だと思うんですね。

恋愛だけでなく、色々なことを乗り越えて成長していく姿というのは、非常に興味深いです。

フジテレビさんに感謝です。

さて問題は、衛星放送に乗ってここイタリアで見られることが出来るか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

イタリア語を話す「ポニョ」と日本のテレビアニメ

昨日、ミラノの映画館で「崖の上のポニョ」を見てきました。

イタリアでは映画movieは基本的に吹き替えになってしまうので

街によって、アメリカ映画などはオリジナル映画館もあるが字幕がない)

最初にイタリアで見た「スピード」という映画も

キアヌ・リーブスがAndiamo(アンディアーモ)Let's goという意味。

とイタリア語で話しているのにがっかりして以来、

もっぱら新作映画は(イタリア映画を覗く)、

JALの機内airplaneで見させてもらっています。

宮崎駿作品は[ルパン]や[紅の豚]をテレビでやっていたのをちらっと見たことがある

・・・といった程度で特にハマっていたわけではないのですが、

3年前に姉と姪っ子達に誘われて、

「三鷹の森ジブリ美術館」に行くことに決めてから

私と宮崎駿さんの関係(自分勝手な解釈で失礼)が始まりました。

まず、美術館に行くのなら、トトロぐらいは見てから行かないと楽しめないと思い、

「となりのトトロ」をDVDで見ました。

こういうアニメーション映画を作る監督が日本にいるんだと、えらく感動しました。

そして愛知万博の時、

トトロの存在すら知らずに、

トトロの家houseに目もくれなかったことを後悔しました。

その後、「風の谷のナウシカ」や、「魔女の宅急便」を見ながら

そのshine美しい音楽shineと映像に感動し、

久石譲さんを含めて大好きになります。

それからというもの、イタリアで彼らの作品を見つけては無条件でDVDを買い、

今まで、私を後悔させたことはありません。

「ハウルの動く城」もきれいな音楽ですよね。

今回、この「崖の上のポニョ」を映画館で見ることになったきっかけは、

イタリア人の友達に誘われたからなんですけど、

イタリア人が宮崎作品にどんな反応を示すか、

そういったことにも興味があったので、行くことにしたわけです。

吹き替えになると映画のオリジナルからかけ離れてしまうことがあって、

今回もそれを恐れていました。

(例えば名前がイタリア名になっていたり、訳によって内容が変わってしまったり)

どなたが訳されたのかは分かりませんが、

日本人の独特な言い回しをうまく表現し、

(きれいな言い回しだけれど、絶対にイタリア人が使わない会話)

イタリア人に日本人のお行儀の良さを伝えてくれたような所もありました。

(幼稚園でお母さんと先生の挨拶の場面)

Ponyo2_2

日本のテレビアニメの輸出量はもの凄く、

このイタリアでも、沢山放映されています。

ただ最近の日本アニメは、

時々チャンネルを変えたくなるような画面や会話が出てくるものもあり、

「自分の子供にはアメリカのアニメ(主にディズニー)は見せたいけど、

日本のアニメは見せたくない。」

というイタリア人の声を残念ながらよく聞きます。

たいてい、そういう人たちは、小さいときに、

「アルプスの少女ハイジ」「キャプテン翼」「キャンディribbonキャンディ」などを

日本のアニメと知らずに見て育った人たちだったりするんですよね。

(今でも再、再、再、再、再放送?で不思議なカンツォーネの主題歌と共にイタリアで流れ、人気のある作品です。)

ですから、「崖の上のポニョ」を見たイタリア人達が(子供も、大人も)

映画が終わった後に見せてくれた笑顔や話していた会話を聞いて、

感動だけでなく、幸福感を味合わせてくれたのは言うまでもありません。

追記:

ここイタリアで「ベルサイユのばら」と「ルパン3世」は世代を超えた、

非常に人気のある作品ですが、

殆どの人がフランスで制作されたものと思っているようです。

実は私もフィンランドに行くまで「ムーミン」が、

イタリアに来るまで「トポジージョ」や「カリメロ」が

日本のアニメだと思っていたのですから、人のことは言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

IKEAの家具が人気の秘密って・・・

最近、日本のドラマでよく使われていますよね。

IKEAのインテリアchair。(特にお洒落な人が住んでいる部屋のインテリアに)

目まぐるしく変わる日本の芸能界についていけず、

俳優さんの名前が分からない私でも、IKEAの商品は直ぐに分かります。

そういえば昨年の夏sun

奈良に行ったとき、偶然見た分譲マンションの広告に、

インテリアはすべてIKEAsign01と大きく謳ってありました。

日本でも人気があるということですよね。

15年ほど前、IKEAの入り口の側にあった

大きな世界地図にIKEAの店舗がある国が表示されていて、

「こんな便利なお店が香港にはあるのに、どうして日本には入ってこないんだろう。」

と思った事が思い出されますaries

うちには毎年、何回かカタログが送られてくるので、必ずチェックscissors

ここのカタログを見ていると、マイホームへの夢が広がるんですよねぇheart04

ここイタリアでもとっても人気があります。

自分で組み立てるから値段が安く、そしてニーズに合ったものが多いからでしょうか?

うちにもIKEAで買った家具や収納ケースなどがいっぱいあります。

ミラノには2店舗ありますが、郊外なので車で行かなければならない距離。

平日は空いているので、ゆっくり商品を見ることが出来ます。

ただそうしていくうちに、ここまでわざわざ来たし、車carだから・・・

と余計なものをついつい買ってしまうんです。

さて、そんな中で我が家にあるIKEAの商品で

一番のお気に入りは=shineソファーベッドshine

一見、シングルベッドですが、クッションをいくつか置くと、ソファーに早変わり。

下には引き出しが3つ付いていて、シーツとか羽毛布団がしまえる収納庫

そしてもっと驚きなのが、その引き出しの大きな枠を引っ張ると、

なんとダブルベッドになるという優れもの。

これはさすがに別途料金を払ってIKEAに運んでももらい、

組み立ててもらいましたが、それでも安かったと思いますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

密かに私がはまっている日本のテレビ番組「あいのり」

我が家では1年ほど前から日本の衛星放送が見られるようになった。

チャンネルは一つなので、全ての番組が見られるわけではないが、

テレビばかり見ている時間はないので、

かえってチャンネルが一つしかなくて良かったと思っている。

その中で、必ず見ている番組がある。

それが「あいのり」。

昨日の放送で何と10年もやっている長寿番組だったということをはじめて知った。

そしてこの番組がもうすぐ終わってしまうことも・・・

イタリアでもリアリティショーは人気がある。

一般人がこういった番組に出ることで一躍有名になるのも日本と同じ。

ヨーロッパで見られる「あいのり」は何ヶ月か遅れて放送されるので、私のリアルタイムのメンバーはheartbusもも、こーすけ、よっこ、やまじ、ゴーヤ、シュレック、梅夫busheart

ちなみに私はももがシュレックと一緒に帰国してくれれば、

ももの株が大きく上がり、やまじとゴーヤがカップルになったら

次の新曲noteの歌詞にしたいと思っているほど、この7人にはまっている。

特に8歳年下のこーすけとの恋愛に戸惑っている

よっこと同じ悩みを持っている人たちには、メッセージを送りたい。

年上の男の人でも、子供っぽい人は沢山いる。

相手が既に年下だったら、子供っぽいと思っても、

年下だから仕方ないと割り切れるじゃない?

年上で子供っぽいのは手が付けられない場合が多いの(特にここイタリアでは)。

それに経験は、若いから少ないということもない。

若くても色々な経験をしている人は頼もしいよ。結婚も年下とするのは大賛成sign03 だって、平均寿命は女性の方が長~いのよ。

旦那に看取られて死にたいじゃないsign02 

同じ頃に死ねれば尚良いけどねscissors

ロマンティックな余生を夢見るミサでしたheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)