音楽

2015年2月11日 (水)

未来のトップスターになるかも?

先日、DUOMO前で待ち合わせをしていたら、

Duomo_video_clip
突然4人の男の子たちが歌い始めました。
どうやら、ビデオ撮影中の模様。
ミラノでは三脚を立てて撮影する場合、市の許可がいるので、お金をかけて撮っている模様。(観光客の方は気をつけてくださいね。下手すると罰金取られますので!)
歌は英語でしたが、彼らはみんなイタリア人。
Cantanti_italiani
撮影の邪魔にならないようにズームで撮ってみました。
頑張って有名になるといいね。
この写真がひょっとして貴重なものになるかも?
ちなみにイタリアでは昨日から、毎年恒例のサンレモ音楽祭が始まりました〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

昨夜終わったサンレモ音楽祭の結果

イタリア最大の音楽祭が5日間にかけて行われていました。

毎年恒例の行事で今年で60回目。普段はあまり見ないのですが、今年は以前このブログにも登場したdownwardrightVALERIO SCANUがノミネートされていたので、録画しながら見ておりました。

サンレモ音楽祭のルールは、ノミネートされた歌手16組(今回は一人欠場が出たので15組)のうち6組が会場の(国営放送によって)選ばれた一般審査員(300人)の投票によってノミネートから一度外され、視聴者の電話または携帯のSMS投票で2組、再びエントリーします。

最終的にオーケストラの票(50%)と視聴者の票(50%)を合わせて一番票が多かった人が優勝するという仕組みなのです。(BIG部門)

ヴァレーリオは一度、その審査員たちによって、ノミネートから外されたのですが、昨日、何と

shineサンレモ音楽祭のグランプリに輝いたのですshine

頑張って4日間見ていて良かったぁ。彼はもともと私の大好きな民放の番組[AMICI]で有名になったのですが、去年の優勝者もこの番組から出た人。国営放送としてはあまり嬉しい結果ではないと騒がれております。何故かというと3位だった人(この人も素晴らしい歌手です)は国営放送の番組で有名になった歌手だったから、この人に勝って欲しかった?

とにかく一度、排除?されたにもかかわらず、優勝できた彼は凄いです!

かなりの票が集まったのですね。(こんなにファンがいるとは・・・)19歳と若いのに実力がある人はやはり認められるのだと嬉しくなりました。

興味のある方は削除される前に You Tubeで Valerio Scanu Tutte le volte cheで見てください。

ちなみにサンレモ音楽祭にはBIG部門以外に新人部門もあります。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

ジャズコンサートに行ってきました。

昨日、ミラノは聖アンブロージョという守護聖人の日で祭日でした。スフォルツェスコ城では、オベーイオベーイという毎年恒例のxmasマーケットもあり、雨sprinkleだというのに、もの凄い人出でした。(あまりに凄かったので、私は途中で引き返しました。)そこから歩いて5分ぐらいの小ホールでは、ジャズコンサートが行われていたのです。

日本でも有名なイタリアの映画音楽を手がけたピエロ・ピッチョーニと有名な映画監督movieでもあり喜劇俳優のアルベルト・ソルディのコラボで、映画音楽をジャズにアレンジしたものです。(お二人は公私ともに大変仲が良かったそうです。)今度、そのコンサートを企画した息子さんと一緒にお仕事させていただくことになったので、お呼ばれに預かりました。

私の中でジャズ音楽は一番難しいジャンルで、あのリズムと技はいくら練習しても、持って生まれたものがなくては、極めるのは難しいと思っています。本当にぽか~んとしてしまいました。圧巻です。

息子さんとのお仕事は違うジャンルですが、私はジャズが大好きなので、機会があったら一度、挑戦してみたいです。でも私の声はちょっとジャズって感じじゃないんですよねぇ。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)