« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

ガイランゲルフィヨルドクルーズ観光

ガイランゲルからヘルシルトまで1時間強。

B地点からA地点の船旅です。




ゴールデンルートと言われ、一番人気のコースらしい。



いよいよ出港です。


壮大な自然の狭間に引き込まれていくようで、改めて人間ってちっぽけな生き物だと実感。




雪がとけ、あちらこちらに滝が流れるのを見るとどれだけ降ったんだ!と突っ込みたくなるわ。




到着してからの眺めも空気が澄んでいて美しい❣️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

オースレンまでの道のり

フィヨルドのクルーズを楽しむため、オースレンに向かっています。
貸切バスでの移動ですが、
ほかでは見られない自然がいっぱいです。



とにかく水が透き通っていて美しい!




滝から流れてくる水です。

だんだん上に上がれば上がるほど、緑がなくなっていきます。



今上って来た道は冬場は閉鎖。




冬場は午後3時くらいが日の入りで、この辺場氷つくのでしょう。




あちこちに滝が流れ、本当に素敵な場所です。




ようやく、オースレンの街が見えてきました!




今日の夕飯は、寿司が一番美味しいというお店を予約。
人気店で21:15しか取れなかったけど、どうしても生魚がノルウェーで食べたかった‼️




キリンビール1本と




デザート2つで締めて1万円…
物価が高いので仕方ないけれど、サーモンは超美味しいし、魚の新鮮さは格別❣️
満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

リンゲブのスターブ教会

ノルウェーには世界遺産として、バイキングが作った木製の教会が沢山あります。

オスロから1994年冬季オリンピックが行われた




リレハンメルを経由して、




(日の入りの時刻に注目!)



(スキーのジャンプ台分かりますか?)

翌日、朝リンゲブのスターブ教会に到着。




石材を使用するヨーロッパの教会建築しか見た事がなかった私には目から鱗。




内部で一番古いこの部屋は1200年代のもの。




木製のシャンデリアが素敵です。




柱に亀裂が見られるところが、木材建築の寿命のようなものを感じますが、清水寺のように釘を一切使わず、全て木材を噛み合わせる事で建てられているこちらは、土台だけが石材を使用しています。
日本に比べて乾燥しているので、未だに木材で家を建てる人が多いのです。




この部分はバロック。1600年代に増築されたそうです。




この説教台は圧巻でした。
やはり、私は日本人。
木材建築にとても心が安まります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

オスロの街並み。

オスロの街はワルシャワ見たい?




かなと思うくらい大きな建物が




中心街に建ち並んでいます。




でも、駅周辺は近代的なビルも。




その駅前には大きなトラが!




オスロのシンボルになりつつあるようです。




この市庁舎では、ノーベル平和賞が毎年12月10日に授与されるようで



このお部屋にオバマ氏やマララさんも来られたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

オスロに到着!寒い〜

30度越えのミラノを脱出し、コペンハーゲン経由でノルウェーのオスロに到着しました。
寒いです😵
イタリアと時差のない国なのに、20度も低いなんて!
とりあえず、ヴィーゲラン公園に来たのですが、



曇りだからかな?

彫刻が193体もあるという事ですが、




刻まれた人間の数は650を超えるらしいです。




確かに‼️




冬はもっと寒いんでしょうね〜
ホテルのお部屋の壁の厚さが半端じゃないもの‼️



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »