« わざわざ行った甲斐がありました | トップページ | パレルモ人はひと味違う優しさ! »

2017年3月 5日 (日)

パレルモは何だか色々ある街

シチリア出身の芸術家と真っ先に浮かんでくるのが、

この絵を描いたアントネッロ ダ メッシーナ。
パレルモの州立美術館にありました。
他には誰も浮かんで来ないのは私の勉強不足としか言えないのですが、パレルモにはあまり他では見た事がない礼拝堂がいくつかあって、


このように絵ではなくジェッソで聖書が描かれているのです!



例えばこの窓の下は「受胎告知」が、


こちらは、キリストが連れて行かれる前の大事な時に、ヨハネやピエトロ、大ヤコブが寝ちゃったところです。

別の礼拝堂にも、やはりこのようなところがあり、そこには私の好きなCaravaggioのコピーがあり、説明によると、1960年代マフィアが窓から忍び込み額の内側にナイフを入れ中身だけ切って丸めて持ち去った。
いくつかのジェッソで出来た彫刻も何体か持ち去られていました〜
撮影禁止だったので、お見せ出来ないのは残念ですが、窓には現在、セメントで固められ塞がれています。

|

« わざわざ行った甲斐がありました | トップページ | パレルモ人はひと味違う優しさ! »

イタリア国内旅行」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163606/69874196

この記事へのトラックバック一覧です: パレルモは何だか色々ある街:

« わざわざ行った甲斐がありました | トップページ | パレルモ人はひと味違う優しさ! »