« この旅の目的はプーリア。でも、ここを寄らないわけには〜 | トップページ | ペスカーラのホテルで、疲れを癒してから・・・ »

2015年8月 1日 (土)

初めて挫折というものを味わったところに決着をつけにきました

実は私、ミラノに来る前の1989年にペスカーラという街に留学しておりました。

ただ、ここではひどい人種差別といやがらせに会い、帰国後1週間で8キロ痩せるということを経験しており、まさにわたしにとって初めての挫折であり、唯一歌が歌えなくなった時期でもあります。
でも、そんな私を支えてくれたのは、やはり母で、なんとか歌が歌えるように回復しましたが、それまで勉強していたクラッシック音楽(主にオペラ)に終止符を打ちました。
母は当時私にオペラ歌手になってもらいたかったようですが、私はもともと合唱から始まっていたので歌に未練はありましたが、オペラにあったわけではなかった。
とにかく歌が歌えるという幸せは、クラッシックでないといけなかったわけではないので、今のようなジャンルの歌を歌っているのです。
さて、その留学から26年。
街は大きく変わっていて、私の記憶に残っている風景は全くなし。せいぜい駅ぐらいでしょうか?
それでも、駅の周りもかなり変わっていました。
当時、市内観光もしなかったので、とりあえず、ペスカーラ出身者として一番有名な小説家ダヌンツィオの生家へ。
Casa_di_danunzio
中へ入ってみると、
Cortile
裕福な家庭であったことがうかがえます。
Vusto_di_dannunzio
こちらが、彼の手形とデスマスク。
彼の亡くなった日は、偶然にも3月1日。私の誕生日と同じ日でした。
その後、彼が軍人、司令官だったころ、まるで英雄であったかのような写真や遺品が飾られていましたが、私にとっては戦争から生まれた英雄?などないので、この先はほぼ素通り。
でも、やはり彼も人の子。
Tomba
母親のためのお墓をペスカーラの大聖堂内に作ったそうです。
さて、この街にきた大きな理由は私をこの場所に連れてきた人に会うため。
どんな理由があるにしろ、今私がミラノにいるのは、この人無くしてはなかったことで、自分にしっかりケリをつけたいと思ったのです。
とりあえず、会うのは明日。
今日は気分良く、ちょっと贅沢なホテルで心を癒したいと思います。

|

« この旅の目的はプーリア。でも、ここを寄らないわけには〜 | トップページ | ペスカーラのホテルで、疲れを癒してから・・・ »

MISAは何故・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163606/61060942

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて挫折というものを味わったところに決着をつけにきました:

« この旅の目的はプーリア。でも、ここを寄らないわけには〜 | トップページ | ペスカーラのホテルで、疲れを癒してから・・・ »