« シルク・ドゥ・ソレイユは万人に夢を与えるんですね。 | トップページ | バレンタインデー様々です。 »

2013年2月27日 (水)

イスタンブールをひたすら歩く 博物館、モスク、バザール編

お待たせしました。

中断していてイスタンブールのお話に戻ります。
トプカプ宮殿の隣に、世界で最大級の考古学博物館があるので、とりあえずそこに向かいました。
Photo
中庭で無造作に並べてある石像の中にまたまたメドゥーサの顔発見!
今度は、地下宮殿のように逆さではないですけど、千年以上も前の物を雨風にさらしちゃって良いのかな?って思います。
その後は世界遺産のアヤソフィアへ。
Photo_3
お昼も食べず、歩き疲れたので、中に入ってすぐの中庭のバーで、生ザクロジュースを注文。
Photo_2    
ザクロを真っ二つに切って、オレンジみたいに搾るのです。
少し苦みがありましたけど、とても美味しかったです。
さてアヤソフィアの中は、
Photo_4
現在、一部修復中ですが、奥にある金色の部分が祭壇にあたるもので、どのモスクもマッカ(予言者アブラハムの息子、ムハンマドが生まれた場所)に向かって置かれているのだそうです。
ちなみにキリスト教の祭壇は太陽の上る東に向いています。
Photo_5
このモスクは元々キリスト教会だったので、祭壇の位置も途中で変わったという事なのですね。
ここは、既に博物館となっていますが、非常に興味深いモスクですので、イスタンブールに行かれたらここは絶対に見逃してはいけないと思います。
Photo_6
さて、ここはグランバザール内。
朝から、地下宮殿、トプカプ宮殿、考古学博物館、アヤソフィアと歩き続けて足が棒になっているはずなのに、こういうところに来ると元気に歩けちゃうんですよね〜。
Photo_7
ここは香辛料を売るお店。
Photo_8
奇麗な色ですよね。カレー粉、クミン、唐辛子などほんと色々です。
このように、この辺は香辛料屋だけ。
Img_1393
鞄屋はこの辺、貴金属はこの辺。下着はこの辺。という感じできちっと別れています。
ここは、香辛料屋からタイル、ガラス、陶器などの店に変わる辺りです。
それにしても広い。
夕食はホテルに帰る途中で見つけたレストランにしました。
それにしても疲れた〜

|

« シルク・ドゥ・ソレイユは万人に夢を与えるんですね。 | トップページ | バレンタインデー様々です。 »

トルコ旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブールをひたすら歩く 博物館、モスク、バザール編:

« シルク・ドゥ・ソレイユは万人に夢を与えるんですね。 | トップページ | バレンタインデー様々です。 »