« 雪かきと親切なペルー人。 | トップページ | 大分ミラノも落ち着いてきましたが・・・ »

2012年2月12日 (日)

ホイットニー・ヒューストンがいたから、今の私がある。

今朝のニュース、ホイットニーの死は私にとってかなり衝撃的でした。

今も彼女の曲を聴きながらこの記事を書いています。

時々涙がボロボロこぼれます。

ホイットニー・ヒューストンは私の大好きなシンガーの一人で、

彼女が来日したとき、武道館のコンサートにも行きました。

グランド・ピアノ一つで次々と一つの音程もはずすことなく、

歌い上げていく彼女には、他のアーティストと違った

真のシンガーとしての実力をまじまじと見せて頂いた気がします。

モデルをきっかけにイタリアの芸能界でお仕事を始めましたが、

やっぱり歌の仕事をしたかった私は、

当時イタリアで売っていた彼女のカラオケCDを

何枚も買って家で練習していました。

皆さんもご存知の通り、

私には彼女のような声量があるわけではありません。

ただ、彼女の歌を歌うには、ある程度の技術が必要で

それを歌うことができれば、注目を浴びれると信じていました。

当時、テレビの番組で私にくるオーディションは、

セクシーな服を着て、踊りが踊れる人を探しているようなバラエティばかり。

「踊りは踊れないけれど、歌は歌える。」と言っては

イタリアでも人気の映画「ボディー・ガード」のテーマ曲

「Always Love You」をアカペラで歌っていました。

当然、踊りのほうは散々なのでcoldsweats01

オーディションには殆ど落ちちゃうんですが、

(歌の仕事もたまに入りましたが)

その様子をテレビ局の音楽事業部のトップがたまたま見ていたんですね。

そのあとは、noteMISA CODEnoteのプロフィールに書いてあるとおりです。

ホイットニー・ヒューストン

彼女もモデルから、歌手、女優と活躍していくわけで

私も、それだけ若かったのか?

恥知らずだったのか?

所詮外国人がやっているという開き直りか?

彼女に少しでも近づけたら・・・と頑張れたものです。

私には足元にも及ばないどころか、かすりもしませんが、

「えっ、ホイットニーの歌が歌えるの?」

「聴いてみたい。」

といった感じで要求されていない歌を毎回最後まで、

当時のスタッフが聴いてくれたのは

イタリア人のノリの良さが大きな助けになっていたのは間違いないですが、

彼女のネームバリューと才能、楽曲がなくては、

・・・と思っています。

とにかく、

彼女のおかげで、歌手としてお仕事がもらえるようになったのは事実で、

ホイットニーと「BANZAI」はこのようにつながったのでした。

また私たちは素晴らしい偉大なアーティストを一人失ってしまったのですね。

ご冥福を心からお祈りします。

|

« 雪かきと親切なペルー人。 | トップページ | 大分ミラノも落ち着いてきましたが・・・ »

MISAは何故・・・」カテゴリの記事

人物」カテゴリの記事

コメント

初コメント失礼します(o^-')bMISAさんのブログよませてもらってます( ̄▽+ ̄*)ファンです(笑)活気お普段はあまりコメントはしないんですけど、結構チェックさせてもらってるのにコメントしないのもアレかなって思いまして(苦笑)今日はコメントしてみました(照)というかココログ会員じゃなくてもコメントできるんですね…知らなかった(汗)もしよかったらメアド載せとくのでメールしましょー('-^*)/MISAさんとお友達になれたら嬉しいです(^∇^) だよーヾ(@^▽^@)ノ

投稿: まりこ | 2012年2月17日 (金) 23:06

まりこさんへ
初コメントとメールアドレスどうもありがとう。
ただ、まりこさんのアドレスの部分は削除してコメントを公開しています。
このブログは誰でも閲覧できるので、変なメールを知らない人から受け取ってしまったら困るしねぇ。でもアドレスはちゃんと控えましたよ。good
また、遊びに来てくださいね。


投稿: MISA | 2012年2月18日 (土) 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163606/44092259

この記事へのトラックバック一覧です: ホイットニー・ヒューストンがいたから、今の私がある。:

« 雪かきと親切なペルー人。 | トップページ | 大分ミラノも落ち着いてきましたが・・・ »